オーガニックの 手作り化粧品 なら、無許可販売でも大丈夫?

手作り化粧品 その他
手作り化粧品

ここ十数年は石鹸のような実用品にとどまらず、オーガニック志向が食品のみならず化粧品にまで波及し、 手作り化粧品 のセレクトショップや大手企業の手がけるオーガニックコスメブランドが増え市場は活性化しました。

このようにオーガニックコスメ市場が活性する背景には、消費者の美意識・健康意識の高まりがあります。日本の化粧品消費者は特にそうした意識が高く、配合成分・有効成分の作用という機能面に関心を持ち、化粧品の外装だけでなく内容も吟味して購入を検討しています。

ネットでの 手作り化粧品 の紹介から、一歩進んで販売をするときの注意や、薬機法と呼ばれる法律の規制をご紹介します。コロナの自粛期間でネットでの販売はさらに拡大し、販売可能な医薬品や医薬部外品、化粧品の種類は増えてきています。ドラッグストアなどの店舗をしのぐ商品数と価格でますます身近になるネット通販を活用していきましょう。

今の販売に不安を感じたり、これをみて売り出してみようと考えたならば、行政書士が新規の許可申請をお手伝いします。医薬業の専門家としてこれまでの記事も出しておりますので、ご参考まで。

参考記事:化粧品の輸入や自家製造に必要な申請

申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!
申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!

手作り化粧品 の人気

昔から手作りせっけんのワークショップは各地で開催されており、小さなお子さまからご高齢の方までかんたんにシンプルな組成のせっけんが作れると人気です。昔ながらのてんぷら廃油を使ったり、エコロジーとも重なり合って発展してきた商品です。

また、毎日使用する化粧品の成分にこだわりたい人、アレルギーを持っていて市販の化粧品でよく使われている成分が肌に合わない人、小さいお子さまのアレルギー体質に適した製品を一緒に使用したい人などの間では、自分で一から作る「DIYコスメ」が人気です。

手作りコスメやヘルスケア商品は、自然の成分を使って作られ、多くの人々に愛されています。ここでは、手作り化粧品とヘルスケア商品のいくつかのポピュラーなアイテムを紹介します。

手作り化粧水では、しっとりとした肌に染み込む無添加の化粧水は、自分で簡単に作ることができます。お好みのフラワーウォーター、グリセリン、精油をブレンドして、オリジナリティを楽しめます。フローラルウォーターは、かさついた肌への水分補給に適しています。

ミツロウやシアバターの保湿クリームも、オイルと蜜蝋だけで作るシンプルな保湿クリームは顔や手など全身に使えます。マカダミアナッツオイルや蜜蝋を使用して、伸びの良いクリームを作ることができます。

カラーリングやパーマで傷んだ髪をケアする手作りヘアミストは、フランキンセンスやイモーテルの精油をブレンドして、髪のダメージ修復に役立てましょう。

これらの手作りアイテムは、自然の成分を使って肌や髪を健康的に保つのに役立ちます。

手作り化粧品
手作り化粧品

手作り化粧品 を販売してみよう

自分や家族のために手作りのせっけん・コスメを使ってみて良いものが作れたと実感したら、それを他の誰かにも共有したいと考える人も多いのではないでしょうか。特定の成分でアレルギー反応を起こし皮膚トラブルに悩んだ方なら、なおのこと同じ悩みを抱える人々に自身の作った化粧品の存在で力になれたらと考えるかもしれません。

実際にネットなどでもこうした情報をやり取りするサイトが多数ありますし、そうしたサイトでは小規模なマイナーな化粧品等が多数紹介されています。オーガニックやエコロジーに関心の高い層を取り込むための宣伝としても有効なようです。

しかしながら、化粧品の販売は製品を売ることに関連する法令(製造物責任法、知的財産法)だけでなく、薬機法をはじめとするその他関連法規の理解が必要不可欠です。特に、化粧品は医薬品と同じく、薬機法という品質管理や成分に厳しい法律で規制されています。それらの理解が不十分だと、故意ではなくとも薬機法に違反してしまう可能性が出てきます。各法令のご自身の販売したいアイテムに係る主要な点を押さえて、適切な販売事業を行いましょう。

人の身体を(清潔にするもの/美化するもの)でかつ人体に対する作用が緩和なものは薬機法上の「化粧品」に、「化粧品」の機能に加え、にきび、肌荒れ、かぶれ、しもやけなどを防止する効能・効果をもつものは「医薬部外品」になります。化粧品コーナーの片隅に置かれている医薬化粧品は、医薬品と化粧品の合間になります。

他にも例えば、顔を洗うための洗顔料・唇を鮮やかに彩るためのリップカラーなら化粧品の取り扱いになります。洗顔料・リップカラーとしての機能に加え、肌あれ防止の効果をもつ製品なら医薬部外品の取り扱いになります。

手作りコスメや手作り石鹸を販売する際には、薬機法に違反しないよう注意が必要です。以下に、薬機法を遵守するためのポイントを説明します。

薬機法違反には厳しい罰則

医薬品は健康に大きくかかわるため、通常よりも重い罰則が科されます。

無許可営業(製造業を除く)の場合には3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されることがありますし、
無許可営業(製造業)の場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されることがあります。
無許可の手作りの化粧品などは、1年以下の懲役または100万円以下の罰金の可能性があります。

また、誇大広告等には、虚偽または誇大な記事を広告、記述、または流布することが含まれます。違反した場合、罰金が科されます。課題でなくとも、化粧品のつもりで効能をアピールしたら医薬部外品の扱いになることもあります。

ちょっと古いですが、2021年2月1日、愛知県でのフリマサイトで石けんを販売した女性が薬機法違反の疑いで書類送検されました。

新型コロナウイルス対策とうたい、無許可で高級ブランド「シャネル」などに似せたロゴ入りのせっけんなどを製造販売したとして、愛知県警は1日、同県新城市の無職の女(23)を医薬品医療機器法違反(無許可製造販売)と商標法違反の疑いで名古屋地検に書類送検し、発表した。「生活費を稼ぐためだった」と容疑を認めているという。

生活経済課によると、昨年5~12月、許可がないのに、シャネルやルイ・ヴィトンなどに似せたロゴをつけたせっけんやアロマストーンを製造し、フリーマーケットサイト上で10個で650円で販売したなどの疑いがある。「手作りせっけんコロナ対策」「こんなご時世なので楽しく手洗いできるせっけんを作りました」などとうたって出品していたという。

厚生労働省によると、薬機法では、医薬品や化粧品を製造・販売する場合に許可が必要だと定めている。せっけんは、手洗いや洗顔など、人の体に使う場合には主に化粧品に分類され、薬用の場合には医薬部外品の扱いになるものもあるという。

参照:偽シャネルの手作りせっけん販売容疑 23歳を書類送検、朝日新聞デジタル、2021年2月1日

薬機法違反は、医薬品や化粧品の販売に関する法律を守らない行為を指します。無許可で医薬品や化粧品を販売することや虚偽の広告を行うことが該当します。違反行為は罰則があり、逮捕されることもありますので注意しましょう。

薬機法を遵守するためのポイント

販売したいアイテムの薬機法上の位置づけを確認します。人の身体を清潔にしたり美化したりするものは薬機法上の「化粧品」に該当します。さらに、にきびや肌荒れなどを防止する効能・効果を持つものは「医薬部外品」となります。例えば、洗顔料やリップカラーは化粧品に該当します。肌あれ防止の効果を持つ製品は医薬部外品に分類されます。

化粧品・医薬部外品を販売するための許可の取得が必要になります。化粧品を製造・販売するためには、「化粧品製造業」または「化粧品製造販売業」の許可が必要です。キッチンでもできるよ、といっても最低限の基準がありますので、販売としては外部に製造を委託するなども選択肢に入ります。

販売については医薬品と異なり許可は必要ありませんが、成分によっては医薬品とみなされる場合もあります。製造業では許可の取得には基準を満たす設備や人員が必要です。

製品を製造し市場に出荷できる状態になったら、「化粧品製造販売届書」を所在地の都道府県に提出します。販売名の設定にはルールがあり、消費者に有利な誤認を与えないよう注意が必要です。

薬機法を遵守しながら、手作りコスメや石鹸を販売するためには、これらのポイントを押さえて適切な販売事業を行いましょう。

申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!
申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!

法律の専門家である行政書士にご相談ください

薬機法申請 も頼りになるのは 行政書士

化粧品や医薬部外品は販売には規制がありませんでしたが、今後さらに医薬品のネット販売が拡大するにつれて、ドラッグストアに押されていた販売チャネルの転換となりそうです。これまでの小さなサイトが大きく成長していく、他のサイトと連携していく可能性もあり、ちょっとして販売が、急に大量の注文や他のメーカーとのタイアップなども考えられます。

手続きは法律や手続きの専門家である行政書士の代行も可能ですので、複雑な書類等も多い医療系の申請手続きを行政書士にご依頼ください。

参考記事:医薬部外品業の新規・更新を行政書士に代行

申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!
申請ALL.comならチャットボットでお見積もり無料!

開業支援も行政書士にご依頼ください

開業を控えたお客様もご活用ください。

当サイト 申請ALL.com は全ての行政手続にワンストップ対応します。

薬機法申請のみならず、会社設立や資金調達、契約書等の書類の作成なども行います。

参考記事:会社設立 ~ 株式会社設立

申請ALL.comサイドバナー
申請ALL.comサイドバナー
タイトルとURLをコピーしました