その他

その他

【障害福祉事業】2024年(令和6年) 居宅介護支援事業 報酬改定 について

障害福祉事業を展開している方にとって、「 報酬改定 」は事業を展開するうえでの重要項目です。減算や払い戻しになってしまうリスクもあります。この記事では、「そもそも報酬とは?」というところから解説し、 居宅介護支援事業 の令和6年の報酬改定の内容にも触れていきます。
その他

動物用医薬品 許可 人用と同じく 代行 は 行政書士

動物用医薬品 医療機器を作るときにも、人間用の医薬品を作るときと同様に、薬機法上の許可が必要となります。動物に関わるお仕事を考えている方はご相談ください。準拠する法律が薬機法と同じであり、許可申請の確認も同じレベルで行われます。開業を考えている方は、資金調達などの相談からご対応致します。
その他

動物病院開設 届出 は 行政書士 に 代行 できます

ペット数の増加に合わせて、ペットのトリミング店や、病院も増えてきています。 動物病院開設 について手続きのプロの立場で説明してまいります。 動物病院開設届は、獣医師が責任を持つため最も負担の少ない届出に該当し、手続きとしては許可や登録よりも容易になりますが、行政書士は法人設立や資金調達などを総合力で起業を支援いたします
その他

紅麹 の健康被害騒動 ペットフード製造 届出 は 行政書士

小林製薬の紅麹が健康被害を与えている可能性について、世間でも大きく騒がれています。健康食品として、様々な食品やサプリメントなどにも材料として使われていた影響で、回収騒ぎが起こっています。ペットフードについても ペットフード製造 の規制があります。行政書士の立場でペットフードの製造や販売に関わる規制をまとめました。
その他

【障害福祉サービス】 障害福祉サービス事業者指定 申請

すべての人に社会的に平等な機会を提供し、障がいを抱える人たちが自立して生活するための支援事業である障害福祉サービス。開業にあたって、行政に申請して 障害福祉サービス事業者指定 を受けなければなりません。そうした手続きを社会福祉士として専門性のある行政書士の立場から解説していまいります。
その他

医薬品業 更新 は行政書士に代行

医薬品店舗販売業を中心に解説。製造業であれ製造販売業であれ飽和したように見えて可能性に溢れています。小林製薬の紅麹サプリ問題で、紅麹の回収騒ぎが浮かび上がったのは、医薬品、食品、飲料などが紅麹を原料として様々な商品を開発している現状です。医薬品業 許可等は行政書士にご相談ください。
その他

フリマで無許可の 医薬品販売 は禁止

個人がフリマサイトで販売することが当たり前になりました。メルカリなどのフリマ・オークションサイト(アプリ)で許可ない 医薬品販売 はできません。 薬機法に則って、更にビジネスを拡大していかれる方も、手続きは法律や手続きの専門家である行政書士の代行も可能ですので、複雑な書類等も多い医療系の申請手続きを行政書士にご依頼ください。
その他

オーガニックの 手作り化粧品 なら、無許可販売でも大丈夫?

オーガニック志向が食品のみならず化粧品にまで波及し、 手作り化粧品 のセレクトショップや大手企業の手がけるオーガニックコスメブランドが増え市場は活性化しました。販売したいアイテムの薬機法上の位置づけは確認が必要です。 化粧品・医薬部外品を販売するための許可の取得が必要になります。行政書士が新規の許可申請をお手伝いします。
その他

小林製薬の 紅麹サプリ に見る機能性食品と 薬機法

「小林製薬」の「紅麹」の成分を含む 紅麹サプリ を摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題で、厚生労働省は公表されていた1人に加えて、2人目の死亡事例が報告されたと発表しました。 機能性表示食品の仕組みや、トクホで有名な特定保健用食品の認可手続きの違いにも触れつつ、薬機法とも関係する今回の健康被害を取り上げます。
その他

再生医療等製品 製造販売業許可申請は 行政書士 に 新規申請 代行 をお任せ

再生医療等製品 を市場へ業として出荷(製造販売)することは、薬機法で規制されており、許可・承認が必要です。再生医療等製品製造販売業許可 についての手続きを中心に専門家の立場で概略を説明します。行政の手続きも確立する過程であり高度に専門的すぎる分野ですが、法律や手続きの専門家である行政書士の代行も可能です。