建設業許可申請代行

建設業/不動産関連

建設業M&A

建設業M&A は非常に活発です。人材獲得を目的としたM&Aや近接異業種間のM&A、経営者の高齢化による事業承継などが建設業によくみられる事例です。建設業界が他の業界と比べて特徴的なことは、建設業が許可制であることです。行政書士として、M&Aに際しての許可申請手続きを代行します。
建設業/不動産関連

建設業決算変更届

許可を受けた建設業者は毎年の決算を所管庁に届ける「 建設業決算変更届 」をしなければなりません。入札参加される建設業者にとっては、経営状況分析申請、経営事項審査の前提となる手続です。期日管理も含めて、建設業許可申請に習熟した行政書士に申請を委託するメリットがあります。
建設業/不動産関連

入札参加資格申請 の 極意 ~ 建設業許可

建設業許可 申請にあたっては、建設業許可申請に習熟した行政書士に申請を委託することをおすすめしています。たんに許可申請を代行することにとどまらず、 入札参加資格申請 のポイントを押さえて、事業の拡大に貢献します。 入札参加資格申請 は、発注するお役所ごとにしなければなりません。
建設業/不動産関連

経審 ( 経営事項審査 )とは?

公共工事の受注、入札参加、に先立って 経営事項審査 ( 経審 ) を受審しなければなりません。 経営事項審査はかつては、所管庁の窓口で予約して、受審するものでした。コロナウィルス感染症の影響で、行政側の対応も様変わりです。行政の変化に対応できる 行政書士 をお選びください。
建設業/不動産関連

公共工事 入札参加の極意 ~ 建設業許可

建設業許可 申請にあたっては、建設業許可申請に習熟した行政書士に申請を委託することをおすすめしています。許可申請を代行することにとどまらず、 公共工事 入札参加 に向けた手続き支援、会社のコンプライアンス支援につながる、といった攻守両面のメリットがあります。
建設業/不動産関連

建設業許可

初めての 建設業許可 申請 進め方。 建設業許可 書面を準備するのも煩雑ですし、取れるはずの許可がとれないなんてことは避けましょう。 開業にあたって法人成りする、法人設立をしたい、そうした手続も行政書士が包括的に対応します。建設業許可に裏ワザ などありません。信頼できる専門家へご依頼ください。