業務案内

相続手続き

相続手続き

相続に関しては、様々な専門家が登場します。行政書士は特に、 相続手続き の専門家としてお役に立ちます。相続税申告や不動産の相続登記については、連携する税理士・司法書士との連携によって対応させていただきます。まずは、 相続手続き のワンストップ窓口としてご活用ください。
建設業/不動産関連

NPO法人設立

NPO法人設立 を検討されている方へ、NPO法人とはどのような法人か、NPO法人設立の流れなど、行政書士の立場で説明いたします。 政令指定都市などの行政庁の認証を経なければならないので、行政への申請書類作成が得意な行政書士にお任せいただきたい分野です。
産廃

建設廃棄物 の処理責任 ~ 排出事業者 は誰でしょうか?

建設廃棄物 の処理責任。下請業者が不法投棄等に関与した場合、元請業者にも責任が及びます。 下請業者が、産廃許可なく産業廃棄物を運搬することは認められません。下請業者に産業廃棄物の運搬を委託するならば、下請業者に産廃許可を取得してもらいましょう。
自動車関連

大阪関西万博ナンバープレート への変更取付は出張封印もできる行政書士へ

最近東京でも目にする 大阪関西万博ナンバープレート 万博の開催に向けてますます増えてきそうです。 大阪ナンバーになるのではなく、自動車の使用の本拠の位置のナンバープレートとなります。 マイカーや会社の車も、大阪関西万博仕様にしよう!という方は、行政書士へご依頼ください
自動車関連

一般貨物自動車運送事業 許可申請

一般貨物自動車運送事業 の許可は、貨物自動車運送事業法によって定めまれています。 目的は、貨物自動車運送事業の運営を適正かつ合理的なものとすること、民間団体等による自主的な活動を促進すること(民間団体とは、トラック協会などを指します)
自動車関連

一般貨物自動車運送事業 の M&Aについて

M&Aを行う際に、運送業許可のある会社が含まれている場合、注意が必要です。許可申請専門の行政書士として手続をまとめます。 一般貨物自動車運送事業は、 他人の需要に応じ、有償で、自動車(軽自動車除く。)を使用して貨物を運送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のもの。
古物商

古物商許可 取得後の義務など

古物商許可 取得後、警察署とのやりとりが多くて辟易とされている方も多いのではないでしょうか。古物商許可取得後は、標識の掲示の義務のほか、盗品売買を防止するための様々な義務があります。 古物営業法にもとづき 古物商許可取得後の義務 をまとめます。
建設業/不動産関連

建設リサイクル法 と 解体工事業

解体工事業 で500万円以上の仕事を受注するにあたって建設業許可を取得する必要がありますが、500万円未満の工事する場合でも、 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)により、 解体工事を営もうとする者は、都道府県知事の登録を受ける必要があります。
古物商

古物商許可

日本国内において、古物の売買など 古物営業 を始めるには、 古物営業許可 が必要です。 古物商許可 を取得するためには、営業所を管轄する警察署を経由して都道府県の公安委員会に対して許可申請をしなければなりません。許可決定の連絡を受けるまでは、古物商としての営業活動はできませんので、注意してください。
産廃

産廃

産廃 許可 基礎から行政書士が解説。産業廃棄物処理業というと身近に感じないかもしれませんが、建設業や古物商の事業を行うに際して、産業廃棄物処理業の規制に抵触する恐れがあります。 自社で廃棄物収集運搬業など 産廃 業許可 を取得することも多いです。