死後事務委任契約書

相続手続き

死後事務委任契約 書き方をテンプレート含めて解説

相続ではお金や資産しか扱えない、という法律の盲点を補填するのが 死後事務委託契約 です。生前の遺言と 死後事務委任契約 は車の両輪の関係として内容をリンクさせ、遺言者=委任者、遺言執行者=受任者として、現在の法律的な隙間を埋めていきます。 死後事務委任契約 の書き方をテンプレート含めて解説してまいります。
相続手続き

死後事務委任契約 の依頼は 行政書士 へ

死後事務委任契約 は、おひとりさま時代に求められるサービス。相続のような死後の預貯金や不動産だけでなく、依頼人である当人とも親密に終活をして亡くなる日までお付き合いしていきます。役所向けの通常の手続きだけの関係とは大きく異なり、行政書士などの士業以外にも幅広い分野の協力が必要になります。WEBで相談承ります。